hishibbkamo’s diary

初めまして。

読書

外では水の溜まった遊水地の面に、長い道路に並んだ街灯が反射しています。夏の初めに買った本の2冊目が、残り半分になりました。今夜の厚い雲の上に広がる星空のことを考えながら読み進めます。

f:id:hishibbkamo:20170918003207j:image

鶺鴒鳴く

鶺鴒が鳴き始める時期は今頃だそうです。以前、中庭のある喫茶店である日、鳴き交わしているのを聞いたのは鶺鴒の声だったと記憶していたのですが、それが9月だったのかどうか記録はありません。その時に中庭の緑は生き生きしていた事を覚えています。

f:id:hishibbkamo:20170912231429j:image

 

未来

窓を開けたら月光がはっきりとした影を辺りに作り出していました。涼しい空気を部屋へ入れながら、窓辺でこれからやや先の事を考えましたが今、数年前に全く予想しなかった暮らしをしている事を考えると日々、上手い舵取りを心がけるより無いのかと思います。f:id:hishibbkamo:20170910010325j:image

神社

日が照りつけていたある日、峠を越えて隣の町へ行きました。バス停のあるアスファルトの道をかなり歩くと山裾の森に神社があって鳥居をくぐると中は暗く、冷房のような涼しさ。私はその温度差に驚かされました。

f:id:hishibbkamo:20170828234648j:image

鈴虫

f:id:hishibbkamo:20170827001838j:plain何処かのお宅で飼われているのか、野生のものなのか、今日は夜になって鈴虫の鳴いているのが窓辺まで聞こえて来ました。

布団

f:id:hishibbkamo:20170823231500j:plain一日仕事をして帰って来ると、干していない寝具が部屋の中でふかふかになっていました。そろそろ寝る時刻ですがまだ熱を持っています。

朝日を浴びて金属製の雨戸が熱くなっていました。今日も暑くなりそうです。お向かいの家のゴーヤグリーンカーテンは星のように沢山の花を咲かせています。